平成30年度神奈川県計量士会例会

2018年12月6日(木)に神奈川県計量検定所大会議室にて、平成30年度神奈川県計量士会例会が開催されました。

児玉理事の司会で開催されました。

全体の様子

小野副会長より開会の辞

佐藤会長より会長挨拶

立石えり子神奈川県検定所所長様より来賓挨拶

林博樹神奈川県計量協会会長様より来賓挨拶

都筑常任理事より総務部状況報告

加藤節夫理事より技術研修部状況報告

佐藤孝常任理事より広報部状況報告

鈴木清常任理事より会計部状況報告

小林勇副会長より新規事業委員会報告について

*この後各分科会毎の報告もありました。

須田理事より関東甲信越地区計量団体連絡協議会の報告について

アンリツインフィビス(株)鈴木隆部長様 藤本秀也様より

指定検定機関の立上げについて講演して頂きました。

日本計量振興協会専務理事 河住春樹様より日計振の取組について来賓講演して頂きました。

平成30年度計量記念日式典

2018年11月1日にインターコンチネンタル東京ベイで平成30年度計量記念日式典が開催されました。

神奈川関係では、神奈川県計量協会谷本淳副会長が計量関係功労者として経済産業大臣表彰をうけました。また、神奈川県計量士会奥村元技術研修部長が計量制度運営等貢献者として産業技術環境局長表彰を受けました。

http://www.meti.go.jp/press/2018/10/20181030006/20181030006.html

 

特別講演では立命館大学中川毅教授の「7万枚の縞を数える」と題して、約5万年分の炭素同位体のスケールを作成された壮大なプロジェクトのお話がありました。この成果を紹介する「福井県年縞博物館」が2018年9月15日に完成しました。

http://varve-museum.pref.fukui.lg.jp/

祝辞を述べられた経済産業省石川大臣政務官

祝辞を述べられた計量行政審議会内山田会長

経済産業大臣表彰を受けられる神奈川県計量協会谷本副会長

産業技術環境局長表彰を受ける神奈川県計量士会奥村技術研修部長

立命館大学中川毅教授による特別講演

What's New

2019年1月4日

行事のお知らせ」に理事会、技術研修部研修会などの日程を掲載しました。

 

2018年12月19日

行事のお知らせに「マネジメントシステムのための計量トレーサビリティ講演会」を掲載しました。

 

2018年12月10日

トピック2018年度下期に神奈川県計量士会例会を掲載しまた。

会員への情報に例会資料を掲載しました。

2018年11月17日

ホームに国際度量衡総会で質量などの新定義が採択されました。

2018年11月3日

トピック2018年度下期に計量記念日式典を掲載した。

2018年10月30日

「行事のお知らせ」に神奈川県計量士会例会、神奈川県計量協会工場見学会を掲載しました。

2018年8月31日

「トピックス2018年度上期」

に神奈川県計量士会理事会を掲載しました。

2018年8月22日

「トピックス2018年度上期」に技術研修部工場見学会を掲載しました。トップページにJISB7607自動捕捉式はかりの発行を掲載しました。